大黒天人のガジェット通信

このブログは大黒天人が実際に購入したスマートフォン・携帯電話・PC等の アイテムや批評などを赤裸々に書きたいと思います                      (お仕事のご依頼等の後連絡は下記のメアドで受け付けさせて頂きます メアドはgadget?daikokutenjin.comです ?を@に変えてください)

2015年10月

今回は社Hisgadget Inc社様に関してご紹介させて頂きます

この会社から情報いただきました会社概要等です

「弊社の社名は「Hisgadget Inc」です。下記は弊社のウエブサイトです。

 

http://www.hisgadget.com/

 

簡単にいえば、弊社は、パソコン周辺、デジタルオーディオ及びビデオ製品、
コミュニケーション製品、家電製品などの
3C製品のインポートとエクスポート貿易作業をやっています。弊社の商品は、
アメリカをはじめ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、
イタリア、スペインなどのAmazonサイト上で販売しており、
世界中のお客様から高い評価を頂いております。

 弊社の製品は、米国アマゾンでは一番よく売れており、ベストセラーの商品も多いです。

下記は弊社のAmazon.comサイト上の店です。

 

URLはココです

 

2014年から、弊社の商品は、日本の市場に初登録しました。

 また、弊社の製品ブランドは、iCleverEskyOxyLEDDr.MeterIntocircuitがあります。

これらのブランドは海外でよく知られております。」

このメーカーさん補足説明です 

複数のブランドで展開しているメーカーさんですが

iClever:PC・スマホ用周辺機器(モバイルバッテリーを除く)
 
Esky:車のアクセサリーやペット用のトレーニング器具
OxyLED:LED系のインテリアやライト系の機器
Dr.Meter:計測機器(DIY系の)
Intocircuit:PC用のACアダプターや大容量モバイルバッテリー

メインのHPよりもAmazonのアメリカ販売サイトのほうが
掲載点数は多いですので、今後日本での販売点数の増加は
期待できると思います

 



今後は、Hisgadget Inc様の製品の検証で行ったレビューを投稿します

 

今回は社EASY ACC社様に関してご紹介させて頂きます

EasyAcc社は香港を拠点に、世界主要都市で
モバイルバッテリーやスピーカー、PC周辺機器を
販売しています。

Amazonの販売ページや
メインサイトに関しては
右側のリンクに貼り付けています


今後は、EASY ACC様の製品の検証で行ったレビューを投稿します

 

今回は社EC Technology社様に関してご紹介させて頂きます

この会社から情報いただきました会社概要等です

弊社(EC Technology)はお客様のデジタルライフをより便利に、
快適にする製品を、信頼できる品質
お求めやすい価格で提供しております。
2012年からAMAZONに販売開始以来、
米国
欧州各国日本で高い評価をいただいており、
オンラインセールにおいて商品ジャンル毎の売上のベストセラーになります。
以下の弊社のホームページとAMAZONストアのURL、どうぞご覧下さい。


ホームページ:http://www.iectechnology.com


Amazon
アメリカストア:http://amzn.to/1Bq49fQ


Amazon
イギリスストア:http://amzn.to/1rIZeZz


Amazon
ドイツストアhttp://amzn.to/11gK6Xm


Amazon
日本ストア:http://amzn.to/1BPh1Ts 」

こちらのメーカー様はAmazonでの販売がメインでありますが
まだまだ日本では未発売で海外で発売されている商品もあります
(その理由は日本での技適等の法律上の制限など複数あります)
が今後はそのラインナップが増えることを期待したいと思います

メインではモバイルバッテリーや
bluetooth関係の周辺機器が多いですが
PC系やモバイル機器の周辺機器の販売が多いです
 



今後は、EC Technology様の製品の検証で行ったレビューを投稿します

 

今回は以前ブログに掲載した
inateck社製品とAukey社の同一分類の
製品について投稿します 

お互いのスペックを比較して優位性を表記すると

価格の優位性はAukey社が上ですが
シングルスピーカーよダブルスピーカーの違いがあるので
比較になりません

その価格差はスピーカー出力やbuletooth verの差にも
現れます

inateck社の製品は
スピーカー出力は5W✕2
buletooth は最新のバーションであります

Aukey主の製品は
 スピーカー出力は3W
buletooth は2.1であります

サイズ・形
これには優位性はありませんが

スペースによって選定が別れると思います

重量
inateck社は 250g 
Aukey社の場合 181g
(おそらくは、バッテリー自体の搭載量によると思います)

利用する点での2製品の注意点

・低価格の製品に多いと思われますが
 バッテリーの消耗を帽子するサスペンドモードへの移行間隔が
 短く、頻繁に電源の ON-OFFが必要

・inateck社の製品は製品保証期間が記載されていない
(この点はメーカー様と確認が取れ次第加筆します) 

皆様も、今回の私の結果を一つの指標としてみて頂き
今後のスマホライフに生かしていただければと思います

Amazon アソシエイトについて

当ブログ、大黒天人のガジェットブログ運営者の大黒天人は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

[実機購入品]
今回紹介する商品は

inateck社 モバイルスピーカー

まずはカタログスペックを紹介します

[充電ポート]Micro USB 
[バッテリー容量] 500mA  
[スピーカー出力] 3W
[出力ポート] Bluetooth v2.1 、AUX
[サイズ] 89 x 53 mm
[重さ] 181g
[使用可能時間] 3時間
[付属品]
  • スピーカーx1
  • 1.2メートルオーディオケーブル x1
  • 1.2メートルUSB 充電ケーブルx1
  • PU 保護ケースx1
  • 取扱説明書x1

[製品の感想]
この商品を最初見た時に思ったのは
アロマグッツに使えそうなフォルムでしたが
そうでは無く、普通のシングルスピーカーでした
ペアリングも簡単ですぐに利用できました


[製品のGoodところ]
・200g以下と軽量
・下にシリコン系の素材があり、安定感があります
・全体に丸みを帯び製品ですので
インテリアに最適

[製品のNo Goodのところ]
・シングルスピーカーしては若干割高
・バッテリー容量の問題かもしれないが
無音声からサスペンド以降の時間間隔が短く
頻繁に電源にON-OFFをしないといけないので面倒
/製品の大きさから言ってもう少しバッテリーの容量が欲しかった

 

次回は、競合する2製品の比較検証をします物調査を投稿します 


Amazon アソシエイトについて

当ブログ、大黒天人のガジェットブログ運営者の大黒天人は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

[サンプル提供品]
今回紹介する商品は

inateck社 モバイルスピーカー

まずはカタログスペックを紹介します

[充電ポート]Micro USB 
[バッテリー容量]  1800mA
[入力電圧] 最大1A
[出力ポート] Bluetooth v4.0 、AUX
[サイズ] 23.4 x 11.4 x 8.7 cm
[重さ] 617g
[使用可能時間] 9時間~15時間
[付属品]
  • MercuryBox スピーカーx1
  • 1.2メートルオーディオケーブル x1
  • 1.2メートルUSB 充電ケーブルx1
  • PU 保護ケースx1
  • ハンドストラップx1
  • カスタマイズされたケーブルタイx2
  • 取扱説明書x1
[製品の感想]
この商品を最初見た時に思ったのは
モバイルスピーカの名前通り、持ち運びできるスピーカーでした
キャリングバックも同梱されていて
しかも、防滴仕様ですので雨程度であれば故障の心配もありません

[製品のGoodところ]
・アルミ仕様で高級感
・ストラップホール付きで持ち運び簡単
・ダブルスピーカーでセミナー等で拡声用のスピーカー使用にちょうどいい
・防滴仕様で雨でもへっちゃら
・このスペックで価格的に手頃感があります

[製品のNo Goodのところ]
・横置きじ若干安定性が良くなく、よく倒れる
・部屋の大きさによってはダブルスピーカーが
オーバースペックになりかねない

 

次回は、同一分類の他社製品を実物調査を投稿します 



Amazon アソシエイトについて

当ブログ、大黒天人のガジェットブログ運営者の大黒天人は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


[サンプル提供品]
今回紹介する商品は





まずはカタログスペックを紹介します

[充電ポート]Micro USB 
[バッテリー容量]  1800mA
[入力電圧] 最大1A
[出力ポート] Bluetooth v4.0 、AUX
[サイズ] 23.4 x 11.4 x 8.7 cm
[重さ] 617g
[使用可能時間] 9時間~15時間
[付属品]
  • MercuryBox スピーカーx1
  • 1.2メートルオーディオケーブル x1
  • 1.2メートルUSB 充電ケーブルx1
  • PU 保護ケースx1
  • ハンドストラップx1
  • カスタマイズされたケーブルタイx2
  • 取扱説明書x1



今回サンプル提供を受けるにあたり
実際の使用レビューと他社様の同程度規格の物との
対比レビューを掲載させて 頂くことになりました

もう一つは、Aukey社様のモバイルスピーカーで
かなり前に購入していた製品です


次回は、この製品の検証で行ったレビューを投稿します


Amazon アソシエイトについて

当ブログ、大黒天人のガジェットブログ運営者の大黒天人は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

おかげさまで数多くの製造メーカー様から
レビュー提供を受けたり、
自分で購入したりして 

レビュー件数が増えてきましたが

その結果、このままですと
商品レビュー間隔が開きすぎて
紹介する時には最悪数ヶ月先になってしまう
事態が発生しそうです

ですので、今後は下記のようにします

一社で複数点のレビュー提供を受けた場合

商品レビューを1アイテムに付き2回投稿で
・提供受けてから1週間以内に初回インプレッションを
Amazonレビュー投稿

・提供を受けてから複数のアイテムで関連性があれば
同時検証を行い、連日投稿します
(その場合には他社メーカー様の比較検証は
後日まとめて行います。
つまり単独の商品レビューのみになります)

その他のことについては同様に行い
紹介ペースを早めようと思います
(この運用は11月から開始になります)
 

今回はinateck社様に関してご紹介させて頂きます

この会社様は、
モバイルスピーカー等
オーディオ系とPC等の周辺機器の
商品を出されている法人で

公式サイトは(日本語版)はココ
Amazonでの販売サイトはココ

私が今回この法人を取り上げるのは
「日本のセンスとは違う新たな視点のPCメーカー様」
というくくりで紹介させて頂きます

私のような素人に近い方は

・高級な音域
(低価格品だと超高域や低域の音が
再現出来ないらしいが違いが分かりません)

・違いのわかる音

などは求めておらず

・手頃な価格
・心地いい音域
がわかれば良いのです

その他のPC周辺機器も
USBやHDDが必要な時に使える
事が必須で普通の方が
使えない・買えない金額は必要ありません

それよりも幅広い方が使える商品を紹介したいと思います


次回は、メーカー様の製品の検証で行ったレビューを投稿します

 

次回は
Inateck社様の モバイルスピーカーと
Aukey社様の モバイルスピーカーを
ご紹介します

形状は若干違いますが

両方共にbluetooth AUX対応の機種になります

細かいスペックや比較に関しましては
今月末にレビュー投稿させていただきます

 

今回は以前ブログに掲載した
絶望したスマホ用ガジェット品の製造メーカーさんから
去年購入した商品とAukey社様より供頂いた商品との
製品比較検証について投稿します
 

お互いのスペックを比較して優位性を表記すると


①電源容量及び充電効率は
絶望するメーカーのほうが有利です
効率的には1%程の差(誤差の範囲内です)
がありました

絶望する会社の製品を購入したのは2014/7/22なので
購入して1年以上経過しますが、この充電効率は驚きです

Aukey社様よりご提供頂いた商品は
届いてから1月も経っていませんので
1年後の再度比較検証をしたいと思います

②充電時間は
Aukey社様より提供頂いた商品の方が有利です。
その理由は入力電流の差が0.5A有りました
のでその影響が大きいと思います(時間的に3時間の差になりました)

出力電流(スマホなどの機器への供給電流)は
Aukey社様より提供頂いた商品の方が有利です。
Aukey社は合計3.4Aで1端子につき1.7Aの端末が2台両方充電可能です
絶望した会社は合計で3.1Aでありますが1台は急速充電に対応可能ですが
もう一台は急速充電は不可です

サイズ
Aukey社様より提供頂いた商品の方は
本体がすっきりとしているので、
PC用の鞄に入れやすいです
絶望した会社はポーチなどに入れやすいですね

重量
Aukey社の場合 48mA/g
絶望した会社の場合45mA/g
と1g辺りのバッテリー容量が多いですが、
私的には40gの誤差でも
軽いほうが好みですね
(おそらくは、バッテリー自体の搭載量によると思います)

この商品(商品提供品)のNo GOOD!な点

・Aukey社に確認と改善をお願いしましたが
USB出力用のコネクターがの抜き差しがとても硬かったです
(余り頻繁に抜き差しすると破損するのではないかと思いました)
この製品のみで仕様では無いとの事ですので

・実際のバッテリーの残量表示が
100%~60% 白
60%~20%     緑
20%~0%   赤
とはなっていますが赤以外の色が
40%の差は正直分かりづらいです
出来れば5色(もしくは点滅との併用等)にしていただけると
分かりやすいかも・・・

・後製品自体でなく付属品ですが
充電用のUSBケーブルのMicroUSB側のコネクターが
若干軟弱なのか、直ぐに上手く充電できなくなりました
 私自身はたくさんのケーブルを持っていますので
極端な話、添付しなくても良いです

・他のメーカーさんは比較的にキャリング用ポーチ?
を添付してくれていますが、
この商品には添付されていません
この商品の外装の素材上傷が目立ちやすいので
ポーチを付けて頂けると満足度はUPします


、 
現在の時点での商品自体の総括
最近のリチウムバッテリーの性能の向上は目を見張ります
私としては、甲乙付けがたいですが
PCバックで持ち運ぶことが多い現在の状況では
Aukey社のバッテリーを推したいと思います


私の購入選定の基準は
・性能比に対する価格
・保証期間の長さ(最低1年以上)
・故障した際のアフターサポート
の3点です

今回のバッテリーの場合
更に
・充電時間(入力電流)
・機器への充電時間(出力電流)
も加わります

それらを考えても
今回サンプル提供を受けなかったとしても
私はAukey社様の製品を選んでいたと思います
(充電効率が下がってきたら、予備に持つのは
今回検証した製品を購入します)

その理由は絶望した会社のアフターサポートに
絶望したからです

皆様も、今回の私の結果を一つの指標としてみて頂き
今後のスマホライフに生かしていただければと思います


Amazon アソシエイトについて

当ブログ、大黒天人のガジェットブログ運営者の大黒天人は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

今回は以前ブログに掲載した
絶望したスマホ用ガジェット品の製造メーカーさんから
去年購入した商品です
 

まずはカタログスペックを紹介します
[容量] 13000mAh 
[入力電圧] 最大1.5A 
[入力ポート] microUSB 
[出力電圧] DC5V / 2.1A + 5V / 1 A 
[出力ポート] USB x 2 
[サイズ] 147 x 62 x 22mm 
[重さ] 約290g 
[繰り返し使用回数] 500回以上 
となります

実際の検証
容量:11852mA
充電効率  (充電容量÷カタログスペックバッテリー容量)×100≒91.2
入力電流:1.2~1.8A
(2A以上対応ケーブル/2A以上のUSB充電器使用時)
充電時間:約9時間30分 

この商品の感想

・Aukey社製品より若干重いです(約50g前後)
・入力/出力の供給電流が少ない
・厚みがあるので、薄い鞄の場合でっぱりが目立つ
・実質バッテリ容量と充電できる効率は高い
・充電時間が長すぎる
(この原因は 入力/出力の供給電流が少ないが影響していますが
10時間弱の充電時間は正直無駄な気がします)

この程度にします
次回はサンプル提供品と以前購入したこの製品との
比較・検証結果について総括したいと思います
 
Amazon アソシエイトについて

当ブログ、大黒天人のガジェットブログ運営者の大黒天人は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

[サンプル提供品]
今回紹介する商品は

Aukey社 モバイルバッテリーになります



まずはカタログスペックを紹介します
[容量]12000mA
[入力ポート]Micro USB 
[入力電圧] 最大2A
[出力ポート] USB 2ポート 最大合計 3.4A
[サイズ] 152×54×17mm
[重さ] 245g

実際の検証 (2.4A以上対応の高速充電を利用しました)

容量:10821mA

充電効率  (充電容量÷カタログスペックバッテリー容量)×100≒90.2

入力電流:1.5~1.82A

(2A以上対応ケーブル/2A以上のUSB充電器使用時)

充電時間:約6時間30分

今回感じたのは。バッテリー駆動できなくなるまで
おそらく10%残があるか、もしくは製造からの劣化なのかは
分かりませんが、10000mA利用できたのは助かりました
(最近のスマホは3000mA overが多いので最新スマホでも
2.8回~3回程度は0%からの満充電は出来そうです
スマホのバッテリーの劣化促進を防ぐためには
満充電になるまで電源を入れないほうが良いですが
おそらくは2・3時間で満充電になるでしょう)

金属使用でなく樹脂使用なので
滑って落とす心配もありません
PC用の鞄に入れても出っ張りは少ないので
スマートに持てます

次回は、同一分類の他社製品を実物調査を投稿します 


Amazon アソシエイトについて

当ブログ、大黒天人のガジェットブログ運営者の大黒天人は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

[サンプル提供品]
今回紹介する商品は

Aukey社 モバイルバッテリーになります

まずはカタログスペックを紹介します
容量:12000mA
[入力ポート]Micro USB 
[入力電圧] 最大2A
[出力ポート] USB 2ポート 最大合計 3.4A
[サイズ] 152×54×17mm
[重さ] 245g
[充電時間] 

出力1Aのアダプターを使用する場合必要な充電時間:
12000mAh/1000mAh=12時間
 

出力2Aのアダプターを使用する場合必要な充電時間:
12000mAh/2000mAh=6時間


今回サンプル提供を受けるにあたり
実際の使用レビューと他社様の同程度規格の物との
対比レビューを掲載させて 頂くことになりました

もう一つは、以前

私の本ブログ(大黒天人の不動産投資通信)で紹介した
絶望した会社の製品です
(あの後、絶望した会社とコンタクトはとっていませんので
今回の対比レビューに関しては無許可ですので
製品名・メーカー名などは記載いたしません)


次回は、この製品の検証で行ったレビューを投稿します

Amazon アソシエイトについて

当ブログ、大黒天人のガジェットブログ運営者の大黒天人は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


 

このページのトップヘ