大黒天人のガジェット通信

このブログは大黒天人が実際に購入したスマートフォン・携帯電話・PC等の アイテムや批評などを赤裸々に書きたいと思います                      (お仕事のご依頼等の後連絡は下記のメアドで受け付けさせて頂きます メアドはgadget?daikokutenjin.comです ?を@に変えてください)

カテゴリ: 告知

今回は株式会社HONEST様について紹介させていただきます
 


この会社様は、
PC周辺機器(HDDケース USBHUB USB充電器など)を 
製造している商品を出されているORICOの日本販売代理店です
この会社以外でもORICO製品の販売は確認できましたが
AC等でPSEマークがない等の法令違反の商品が散見するようですので
購入する際にはこの会社の商品をお買い求めください 

株式会社HONEST様より頂いた情報を記載させていただきます

社歴等の経歴

弊社 株式会社HONESTは、今年10月に成立して、社歴は短いです。

 主には、ORICOの日本代理としてORICO商品を販売しています。

 今後は、販売業種を増やしていろいろ経験積み立て、
 今後の目的は自分のメーカーを作ることです。

 

 会社基本情報

  会社名:株式会社HONEST

  住所:335-0001 埼玉県蕨市北町1丁目592F

  TEL048‐229‐8498

  Emailinfo@orico-japan.com

  サイト:http://orico-japan.com →1月から販売可能です。

  楽天:http://www.rakuten.co.jp/orico →現在、売り場が変更になりました

      httww.rakuten.co.jp/oricop://www.rakuten.co.jp/honest-online/

 Amazon販売サイト 

  http://www.amazon.co.jp/shops/AHBLB7CUV5MSX/

本国のサイトでは様々な商品がありますが
(PSE等の規制の関係と思われますが・・・)
日本への展開は2015年10月からですので

今後の展開を期待したいと思います


次回以降には、メーカー様の製品の検証で行ったレビューを投稿します

 

今回はSound SOUL Audio社様に関してご紹介させて頂きます

この会社様は、
モバイルスピーカーやイヤホン系
オーディオ系と商品を出されている法人です

メーカー様より頂いた情報を記載させていただきます

Sound SOUL Audio社について、簡単な説明させていただきます。

販売業者: shenzhen soundsoul information technology ltd

「中国名:深圳星科启子商有限公司」

ジャパン運営店舗名: Sound Soul Audio JAPAN (メーカー直営店)


当方はsoundpeatsブランド及びsoundsoulブランドの製品を販売しております。

アマゾンには当方soundpeatsブランド及びsoundsoulブランドロゴの意匠権を持っております。

 

ジャパンの運営店には主にイヤホン及びスピーカーを販売しております。

もちろん、bluetooth イヤホンも技適マークも受け取りました。

ご安心ください。



本国のサイトでは様々な商品がありますが
(技適等の規制の関係と思われますが・・・)
日本への展開2015年の3月からですので
今後の展開を期待したいと思います


次回は、メーカー様の製品の検証で行ったレビューを投稿します

 

今回はTaoTronics社様に関してご紹介させて頂きます

この会社様は、
モバイルスピーカー等
オーディオ系とモバイルのCar用品(車載ホルダー)の
商品を出されている法人で

公式サイトは(英語版)はココ
Amazonでの販売サイトはココ
(今回は正規代理店の満点プラス様の販売用のリンクを使用いたしました)

Amazonで注意されているのが
TaoTronics社様の商品の偽物が多く販売されていて
TaoTronics製品は満点プラスのみが正規販売店ですのでご注意ください」
と告知されていて正規販売店無い商品を購入した場合
真正の商品であっても交換、修理のサポートは一切できないとのことです

本国のサイトでは様々な商品がありますが
日本への展開はまだまだですので
今後の展開を期待したいと思います


次回は、メーカー様の製品の検証で行ったレビューを投稿します

 

今回はinateck社様に関してご紹介させて頂きます

この会社様は、
モバイルスピーカー等
オーディオ系とPC等の周辺機器の
商品を出されている法人で

公式サイトは(日本語版)はココ
Amazonでの販売サイトはココ

私が今回この法人を取り上げるのは
「日本のセンスとは違う新たな視点のPCメーカー様」
というくくりで紹介させて頂きます

私のような素人に近い方は

・高級な音域
(低価格品だと超高域や低域の音が
再現出来ないらしいが違いが分かりません)

・違いのわかる音

などは求めておらず

・手頃な価格
・心地いい音域
がわかれば良いのです

その他のPC周辺機器も
USBやHDDが必要な時に使える
事が必須で普通の方が
使えない・買えない金額は必要ありません

それよりも幅広い方が使える商品を紹介したいと思います


次回は、メーカー様の製品の検証で行ったレビューを投稿します

 

このページのトップヘ